今回は、住民票やマイナンバーカード等への旧氏を併記について解説します。旧氏を併記できるようにするための住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令が平成31年4月17日に公布され平成31年11月5日から施行されました。この政令改正の背景は、社会の中で旧姓を使用しながら活動している女性が増加するなか、様々な活動の場面で旧姓を使用しやすくなるよう、閣議決定等を踏まえて行われたものです。
婚姻等で氏に変更があっても、従来称してきた氏をマイナンバーカードなどに併記でき、公証することができるようになります。

●住民票、マイナンバーカード等に旧氏を併記する方法

・住民票に旧姓を併記するための請求手続きが必要です。住民票に旧氏が併記されると、マイナンバーカードや公的個人認証サービスの署名用電子証明書にも旧氏が併記されます。

  1. (1) 旧氏が記載された戸籍謄本等を用意してください

・戸籍謄本等は、本籍地の市区町村に直接または郵送で請求できるほか、マイナンバーカードをお持ちのかたはコンビニで発行できます。

  1. (2) 現在お住まいの市区町村において請求手続きをしてください。

現在マイナンバーカードを持っていないが、旧姓を併記する手続きをする方法、旧姓が必要なくなった場合に旧姓を削除する方法などは総務省の公式サイトのQ&Aをご確認ください。

詳しくはこちら

総務省|住民基本台帳等|住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について