マイナンバーコンサルタント

profile-sasaki

プロフィール

AOSグループ代表
佐々木 隆仁 (ささき たかまさ)

1964年
東京都生まれ
1989年
早稲田大学理工学部卒業後、大手コンピューターメーカーに入社し、OSの開発に従事
1995年
AOS テクノロ ジーズ社を設立、代表取締役社長に就任、リーガル・テクノロジーを中心とした事業を推進。
2000年
データ復旧ソフト「ファイナルデータ」を発売
2001年
日経優秀製品・サービス賞優秀賞日経産業新聞賞受賞。
2001年
データ復旧サービス「Data119.jp」を開始する。
2002年
米国支社を設立し、法務IT 推進会を発足。
2003年
デジタルフォレンジック事業に注力。
2010年から7年連続でBCN AWARDシ ステムメンテナンスソフト部門最優秀賞受賞。
2012年
AOSリーガルテック社を設立、代表取締役社長に就任
2015年
第10回ニッポン新事業創出大賞 アントレプレナー部門で最優秀賞、経済産業大臣賞受賞

ご挨拶

AOSグループは、創立以来今がまさに100年以上続くデジタル情報通信革命の時代だと認識し、データの保存とデータの伝達技術の二つの軸で事業を立てて、このような技術を応用したリーガルテックを持ってデジタル訴訟市場をサポートしています。

“いい技術は世の中を幸せにする”という企業理念の下、ビジネスとライフスタイルの向上のために子会社のAOSリーガルテック(株)、AOSデータ(株)、AOSモバイル(株)と共にITサービスを通じて皆様方に最大に喜んでいただけるように最善を尽くして参ります。

マイナンバー制度がスタートし、日本のデジタル化が急速に進化していく中で、パソコンの中の「デジタルデータは消えない」というリスクを知ってもらうことが、マイナンバー漏えい対策に欠かせないものと、セミナーなどの活動を精力的に行っています。