2017年10月3日の総務大臣閣議後記者会見にて、野田総務大臣が、7月18日から開始されたマイナンバー制度の情報連携におけるに進捗状況についてふれています。

今のところ特段大きなトラブルは発生していなようですが、連携対象となっているデータ登録の遅延や、試験運用で発見された課題の顕在化により、現状関係省庁を含めて分析・調整を進めているとのこと。

10月下旬を目処に上記の取りまとめが行われ、本格運用に支障が内容であれば11月頃から本格運用が開始される予定です。

今おっしゃった試行運用の結果や、課題対応の状況について取りまとめをしっかりしたいと思っています。おそらく10月下旬をめどに、その取りまとめをいたします。そこで問題がなければ、本格運用の移行時期とか、最終的な対象手続きを確定したいと思っています。ですから、10月下旬にそれがしっかりできれば、本格運用の開始は11月中のしかるべきかなというふうに、今は考えているところです。

総務省|野田総務大臣閣議後記者会見の概要(平成29年10月3日)